青色申告の経費はどこまで認められるのか 打ち合わせ飲食代や香典は?

青色申告の経費として、どこまでが認められるのか・・・
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

例えば、

・取引先の人との打ち合わせで、喫茶店などでのコーヒー代や飲食代は
 どこまで経費として認められるのか、また、取引先の人が亡くなった場合の
 香典代は経費として認められるのか

・自家用車を仕事用として使用した場合に、ガソリン代や駐車場代は
 どこまで経費として認められるのか

・仕事用に購入したスーツや靴などは経費として認められるのか

など、いろいろとありますよね。

そこで、今回は、青色申告の経費としてどこまで認められるのか、

[icon image=”check3-r”]青色申告の経費 打ち合わせの飲食代や香典は?
[icon image=”check3-r”]青色申告の経費 自家用車のガソリン代や駐車場代は?
[icon image=”check3-r”]青色申告の経費 スーツや靴などの衣装代は?

などということについてまとめてみました。

青色申告の経費 打ち合わせの飲食代や香典は?

取引先の関係者と喫茶店や居酒屋などで打ち合わせをした場合、
そのコーヒー代や飲食代は、経費として計上できるのか・・・

また、取引先の関係者が結婚した場合のご祝儀や、
取引先の関係者が亡くなった場合の香典などの冠婚葬祭費は、
経費として計上できるのか・・・

と悩んでいる方もいるかもしれませんね。

結論から言うと、これらの費用は、「打合会議費」や「接待交際費」などの
勘定科目の経費として計上することができます。

[icon image=”check3-r”]打合会議費

取引先の関係者と喫茶店などで打ち合わせをした場合に、
そのコーヒー代や軽食代を「打合会議費」として、
経費にすることができます。

[icon image=”check3-r”]接待交際費

取引先の関係者と飲食をした場合の飲食代や、取引先へのお中元やお歳暮などの
贈り物をした場合の贈答品代や、仕事上の付き合いによる冠婚葬祭費などは、
「接待交際費」として経費にすることができます。

打合会議費や接待交際費とする場合には、必ず領収書をもらい、
取引先の相手の名前、人数などをメモしておくようにするとよいでしょう。

また、冠婚葬祭費の場合は、結婚式の招待状や会葬礼状などのハガキを
領収書代わりに取っておくとよいでしょう。

青色申告の経費 自家用車のガソリン代や駐車場代は?

営業で自動車を使用するときに、その自動車を仕事にのみ使用する場合には、
自動車関連費用は全部必要経費になります。

自家用車を必要に応じて仕事用に使用する場合には、
仕事で自動車を使用した割合が経費として認められます。

この自動車の使用割合は、1か月のうちに何日間仕事用に使用するのか、
それを基に算出します。

自動車関連費用の勘定科目としては、「車両費」や「減価償却費」などがあります。

[icon image=”check3-r”]車両費

・ガソリン代
・駐車場代
・修理費
・自動車税
・自動車保険料

などを、仕事で使用する割合に応じて経費として計上することができます。

[icon image=”check3-r”]減価償却費

自動車を購入した場合には、仕事で使用する割合に応じて、
減価償却することができます。

青色申告の経費 スーツや靴などの衣装代は?

それでは、仕事用にスーツや靴などを購入した場合に
それらの衣装代は、経費となるのでしょうか。

基本的に、衣服や靴は、仕事で着用する作業服や作業靴のみが
経費
として認められます。

ただ、明らかに仕事でしか着用しないスーツや靴などを購入したときに、
税務署が認めてくれた場合には、その購入代金の一部を経費とすることが
できる場合があります。

そのような場合には、税務署で聞いてみるとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました