緊張型頭痛の薬 市販薬はどれが効く?効かない場合の対処法は?

頭をギューッと締め付けられるような緊張型頭痛の痛みが
なかなか治まらなくて、ひどい場合には、めまいまで・・・

そんなときに、この緊張型頭痛の痛みを和らげるために
市販薬を服用してみたという方も多いのではないでしょうか。

でも、思ったほど効かないなあ・・・
という経験をした方もいるかもしれませんね。

実際に、ドラッグストアで頭痛薬を購入しようとすると、
その種類がたくさんありすぎて、

一体どの薬が効くのか分からない・・・

と悩んでしまいますよね。

そこで、今回は、

 緊張型頭痛の薬 市販薬ではコレが効く!4つの種類を紹介♪
 緊張型頭痛の薬 市販薬が効かない場合の対処法とは?

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




緊張型頭痛の薬 市販薬ではコレが効く!4つの種類を紹介♪

緊張型頭痛の痛みを和らげる効果があると言われている
市販の頭痛薬に含まれる成分には、いくつかの種類があります。

ここでは、代表的なものとして、

 アスピリン
 アセトアミノフェン
 イブプロフェン
 ロキソプロフェン

の4つの種類の成分が含まれる市販薬について紹介しますね。

緊張型頭痛の薬の市販薬 1. アスピリン

一般的に広く使われているものは、
非ピリン系のアスピリン(アセチルサリチル酸)です。

アスピリンは、最も古くから使われている鎮痛剤の成分で、
即効性と持続性に優れていますが、

胃腸の負担が大きいという副作用があります。

このアスピリンが含まれる市販薬としては、

 ケロリン
 バファリンA

などがあります。

緊張型頭痛の薬の市販薬 2. アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは、アスピリンよりも胃腸への影響が少なく、
最も副作用が少ないもので、子供が飲んでも安心です。

このアセトアミノフェンが含まれる市販薬としては、

 ノーシン

などがあります。

緊張型頭痛の薬の市販薬 3. イブプロフェン

イブプロフェンは、最近になって市販薬として認められた成分で、
副作用も少なく、比較的持続性も高いです。

炎症を伴う痛みを和らげる効果が高いです。

このイブプロフェンが含まれる市販薬としては、

 イブA
 ナロンエース

などがあります。

緊張型頭痛の薬の市販薬 4. ロキソプロフェン

ロキソプロフェンも、最近になって市販薬として認められた成分で、
市販薬の中では最も炎症を抑える効果が高いと言われています。

比較的即効性も高いのですが、持続性はあまりありません。

このロキソプロフェンが含まれる市販薬としては、

 ロキソニンA

などがあります。

緊張型頭痛の薬 市販薬が効かない場合の対処法とは?

ただ、上記のような市販薬を服用することで痛みを和らげる効果が
期待できるのは、ときどき頭痛を発症する「反復性緊張型頭痛」の場合で、

ほぼ毎日頭痛を発症し、それが3か月以上続く「慢性緊張型頭痛」の場合には、
これらの市販薬の効果をほとんど期待することができません。

むしろ、毎日のようにこれらの市販薬を飲み続けることにより、
薬の飲み過ぎによる薬物乱用頭痛を引き起こし、
症状を悪化させてしまうことがあります。

では、この反復性緊張型頭痛のように、市販薬が効かない場合には、
どうすればよいのでしょうか。

緊張型頭痛を漢方で治す方法

そもそも、緊張型頭痛を引き起こす原因とは、精神的ストレスや、
長時間同じ姿勢で作業をしていることなどの身体的ストレスにより、
首や肩の筋肉が緊張して血流が悪くなってしまうことにあります。

ですから、緊張型頭痛の痛みを取り除くためには、
首や肩の筋肉の凝りをほぐし、血行を良くすることが必要になります。

血行を良くするためには、

 首や肩の筋肉を温めて血行を促進する

ことが効果的です。

ここで、血行を促進して、首や肩の筋肉の凝りをほぐすのに、
漢方薬の「葛根湯」が効果的です。

まずは、この葛根湯で、首や肩の筋肉の凝りをほぐし、
炭酸ガス入りの入浴剤を入れたお風呂に入って、体を温め、
凝っている首や肩に温湿布を貼って温めると、

緊張型頭痛の原因である首や肩の筋肉の凝りをほぐし、
血行を促進して、痛みを抑えることができます。

まとめ

このように、軽度の反復性緊張型頭痛の場合には、
市販薬でも痛みを和らげる効果が期待できますが、

慢性緊張型頭痛の場合には、市販薬ではその痛みを和らげる効果が
期待できないばかりか、むしろ薬物乱用頭痛を引き起こし、
症状を悪化させてしまうこともあります。

そのような場合には、市販の頭痛薬を服用するのではなく、
葛根湯などの漢方薬で、首や肩の筋肉の凝りをほぐし、
入浴により体を温めたり、温湿布で温めたりして、
血行を促進すると、痛みを抑える効果があります。

それでも、緊張型頭痛の痛みが治らないという場合には、
病院で診察を受けることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す