緊張型頭痛の治し方 冷やすのか温めるのか?薬は効く?5つの対処法

後頭部にギューッと締め付けられるような痛みを生じる緊張型頭痛に
悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

と言うのは、この緊張型頭痛は、年齢や性別に関係なく発症し、
慢性頭痛の中でも1番多く見られる頭痛なんですね。

ですから、どうしたらこの緊張型頭痛の痛みを和らげることができるのか・・・
と思っている方も多いと思います。

そこで、今回は、この緊張型頭痛を治すための5つの対処法について
まとめてみました。

スポンサードリンク




緊張型頭痛の痛みを和らげる5つの対処法とは?

緊張型頭痛を発症する原因は、

 精神的ストレス(仕事や家庭での心配事など)
 身体的ストレス
 ex. 前かがみの姿勢での長時間のパソコン・スマホ操作
   1日中同じ姿勢や不自然な姿勢で作業をしている場合
   就寝時の枕の位置が合っていない場合
   眼精疲労
   運動不足

などが挙げられます。

ですから、緊張型頭痛を治すには、
これらの原因を取り除くことが重要になります。

そこで、以下、緊張型頭痛の痛みを和らげる
5つの対処法について見ていきましょう。

緊張型頭痛を治す方法 1. 薬を服用する

緊張型頭痛には、ときどき頭痛を発症する「反復性緊張型頭痛」と、
ほぼ毎日頭痛を発症し、それが3か月以上続く「慢性緊張型頭痛」
という2つのタイプの頭痛があります。

この「反復性緊張型頭痛」の場合には、アスピリン、イブプロフェン、
アセトアミノフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬が効く
のですが、

「慢性緊張型頭痛」の場合には、これらの薬はほとんど効果がありません。

ですから、「慢性緊張型頭痛」の場合に、市販の鎮痛薬などを服用すると、
頭痛に効果がないばかりか、胃腸へ負担をかけることにもなり、

また、長期的に服用し続けると、薬物乱用頭痛を引き起こすこともあるので、
薬を服用することはやめた方がよいでしょう。

「反復性緊張型頭痛」の場合でも、これらの薬に全面的に頼るのではなく、
頭痛の根本的原因となっている精神的ストレスや身体的ストレスを
取り除く方法を見つけた方がよいでしょう。

 関連記事
緊張型頭痛の薬 市販薬はどれが効く?効かない場合の対処法は?

緊張型頭痛を治す方法 2. 温める

緊張型頭痛は、精神的ストレスや身体的ストレスのため、
首や肩の筋肉が緊張して血流が悪くなることが原因となります。

ですから、この首や肩の筋肉を温めて、筋肉の凝りをほぐし、
血液の循環を良くする
ことで、緊張型頭痛の痛みを和らげることができます。

具体的には、首や肩の周りを温かいタオルや温湿布で温めたり、
マッサージをして血行を良くしたり、お風呂やシャワーなどで温めて、
血行を促進するとよいでしょう。

緊張型頭痛を治す方法 3. 姿勢を正す

緊張型頭痛は、前かがみの姿勢で長時間パソコン・スマホ操作をしたり、
1日中同じ姿勢や不自然な姿勢で作業をしたりする場合など、
身体的ストレスが原因となり発生することがあります。

ですから、普段から、長時間無理な姿勢を続けずに姿勢を正すように注意して、
首や肩の筋肉に負担をかけないように心がけましょう。

作業の途中で、ときどきストレッチをするなど、
筋肉の凝りをほぐすように、体を動かすことも効果的です。

また、就寝時の枕の位置が合っていないことも原因となるので、
首や肩の筋肉に負担をかけないように、枕の高さを調節してみるとよいでしょう。

緊張型頭痛を治す方法 4. 適度に運動をする

運動不足が原因で、緊張型頭痛を引き起こす場合もあるので、
普段、運動不足だなと感じている方は、

ストレッチ体操やウォーキングなどの適度な運動
毎日の生活の中ですることができるように心がけるとよいでしょう。

緊張型頭痛を治す方法 5. ストレスを解消しリラックスする

そして、仕事や家庭での心配事など精神的ストレスも
緊張型頭痛の原因となるので、

これらのストレスを取り除く方法を見つけることも大事です。

最もよいのは、ストレスをためないようにすることですが、
ストレスを感じたときでも、

・ゆっくり休んでリラックスする
・日々のストレスを忘れて夢中になれる趣味を見つける

など、自分なりのストレス解消法を見つけていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す