頭痛の原因 後頭部の左がズキンと痛む3つの場合とは?

後頭部の左側がズキンとする頭痛を経験したことがある
という方も多いのではないでしょうか。

後頭部の頭痛というと、何か怖い脳の病気かも・・・
と不安になってしまいますよね。

この不安を解消し、ズキズキする頭痛を改善するためには、
その頭痛の原因が何なのか、知る必要がありますね。

そこで、今回は、この後頭部の左側がズキンとする頭痛の
3つの原因
についてまとめてみました。

スポンサードリンク




後頭部左がズキズキする頭痛の3つの原因とは?

後頭部の左側がズキンとする頭痛の原因としては、
大まかに言って、以下の3つが考えられます。

 偏頭痛(片頭痛)
 後頭神経痛
 緊張型頭痛

それでは、これらの頭痛の症状や原因を見ていきましょう。

後頭部左がズキズキする頭痛の原因 1. 偏頭痛(片頭痛)

偏頭痛(片頭痛)は、男性よりも女性に多い頭痛です。

頭部の血管が拡張し、周囲の神経に刺激が伝わり、
痛みの原因となる物質が放出され、
血管の周りに炎症を起こすことで痛みを発生します。

ズキンズキンと脈に一致した拍動性の痛みが頭の片側にだけ
起こることが多いですが、頭の両側が痛むこともあります。

月に1~2度、多い場合では、週に1~2度の頻度で発作的に起こり、
一旦、頭痛が起こり始めると、痛みは数時間以上続きます。

体を少し動かして頭の位置を変えるだけでも頭痛がひどくなり、
つらくて寝込んでしまうこともあります。

頭痛が始まると光や音に対して過敏になり、
ひどい場合には、吐き気や嘔吐を生じることもあります。

偏頭痛(片頭痛)は、頭部の血管が過度に拡張することが
原因となりますが、この血管の拡張は、ストレス・疲労・
睡眠不足などが引き金となることが多い
です。

 関連記事
偏頭痛の治し方 冷やす?コーヒー?即効で治す5つの方法とは

後頭部左がズキズキする頭痛の原因 2. 後頭神経痛

後頭神経痛は、「後頭神経」という後頭部を走る神経が
刺激されることで生じる頭痛です。

後頭部や側頭部から頭頂部にかけて、あるいは耳の後ろあたりに、
ズキンッ、ビリっとした電撃的な痛みが間隔をおいて生じます。

また、雨が降る前に頭痛が発生することもあります。

後頭神経痛は、

ストレス
・パソコン操作など長時間同じ姿勢でいる場合
・猫背など姿勢が悪い場合
目の疲れ
後頭神経のヘルペス(帯状疱疹)

これらのことが原因となり、周囲の筋肉が緊張し、
後頭神経を刺激することで頭痛が生じると言われています。

 関連記事
後頭神経痛を治す方法 冷やすのか温めるのか?4つの対処法とは?

後頭部左がズキズキする頭痛の原因 3. 緊張型頭痛

緊張型頭痛は、肩から首の後ろの筋肉が緊張することで生じる頭痛です。

肩や首の筋肉が緊張して血流が悪くなり、
老廃物などの疲労物質が蓄積されていきます。

この疲労物質が蓄積することで、血管にストレスがかかり、
血管が収縮して、周りの神経を刺激して頭痛を生じさせます。

緊張型頭痛は、頭の周りを何かで締め付けられるような痛みを生じます。

頭の周りの筋肉が凝ってきて、それが頭を締め付けるために起こる痛みで、
「ヘルメットをかぶったような痛み」「孫悟空の痛み」などと言われます。

後頭部から頭全体にかけてギュッと締め付けられるような
痛みが生じることが多く、一度発生すると、
毎日に近い頻度で頭痛が発生します。

パソコンやスマホなどで長時間同じ姿勢で作業を続けていたり、
一日中同じ姿勢で作業をしていたりすることによる身体的ストレスや、
仕事や家庭での心配事などの精神的ストレスが原因となり、

肩から首の後ろの筋肉が凝ってきて、その凝りが頭の後ろの筋肉に拡がり、
頭を締め付けることにより起こる頭痛です。

 関連記事
緊張型頭痛の治し方 冷やすのか温めるのか?薬は効く?5つの対処法

まとめ

このように、後頭部の左側がズキンとする頭痛の原因として、

・偏頭痛(片頭痛)
・後頭神経痛
・緊張型頭痛

などが考えられますが、

頭痛を生じる病気は、このほかにもたくさんあります。

今回の頭痛はいつもの頭痛とちょっと違うなと感じた場合には、
自己判断で決めつけてしまうのではなく、
早めに病院で診察を受けた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す