豚の角煮の作り方 圧力鍋なしでも簡単トロトロ絶品プロの味♪

とろ~りと柔らかくて、箸でほろりと切れちゃうくらいの
トロトロの豚の角煮を、家庭でも作ってみたいけど、
難しいんだろうなぁと思っている方も多いかもしれませんね。

また、豚の角煮は圧力鍋がないと作れないのでは?
と思っている方もいるかもしれません。

でも、実は、圧力鍋がなくても、あるポイントさえ押さえれば、
簡単にとろ~りと柔らかい豚の角煮が作れちゃうんです♪

そうは言っても、豚バラ肉の脂肪分が気になるから、
豚の角煮を食べるのを躊躇しちゃうという方もいるかもしれませんね。

でも、それも、これから紹介する方法で、豚の角煮を作れば、
豚バラ肉の脂肪分を大幅にカットすることができるので、
ヘルシーで美味しいトロトロの豚の角煮を食べることができちゃいます♪

そこで、今回は、圧力鍋を使わないで、
簡単に柔らかくてトロトロの豚の角煮を作る方法を紹介しますね^^

スポンサードリンク




豚の角煮をトロトロにする方法 豚バラ肉の脂肪分も大幅にカット♪

さて、ここでは、圧力鍋を使わないで、
簡単にとろ~りと柔らかいトロトロの豚の角煮を作る方法を紹介しますね。

また、豚の角煮、美味しいから食べたいんだけど、
豚バラ肉の脂肪分が気になるという方もいるかもしれませんね。

でも、そんな方でも大丈夫♪

これから紹介する方法で、豚の角煮を作れば、
豚バラ肉の脂肪分を大幅にカットすることができるので、
ヘルシーで、コラーゲンたっぷりのとろとろの豚の角煮を
食べることができますよ^^

簡単で美味しい豚の角煮の材料(4人分)

・豚バラかたまり肉:800gくらい
・ゆで卵:4個
・だし汁:4カップ
・砂糖:大さじ4
・酒:1/2カップ
・みりん:大さじ4
・しょうゆ:1/2カップ
・生姜:1片
・赤唐辛子:1本
・ネギ(青い部分):1本分
・サラダ油:たっぷりめ(1/2カップくらい)

卵はあらかじめ茹でて、半熟卵にしておきます。
豚の角煮の煮汁に漬け込むと、美味しい煮卵ができちゃいます。

このほかに、大根を一緒に煮ても、味が染み込んで美味しいですね~

柔らかくてトロトロの豚の角煮の簡単な作り方

1. 豚バラかたまり肉の全体を麺棒で万遍なくたたき、
 肉が伸びたら、元の形に整える。

2. 豚バラかたまり肉を、6~8等分に切り分ける。

箸で簡単に切れちゃうくらいとろ~りと柔らかい豚の角煮ができるので、
豚バラかたまり肉は、大きめに切った方がよいですね。

3. フライパンを熱し、たっぷりめのサラダ油を加えて、
 豚バラ肉の脂肪の厚い部分を下にして焼く。

4. こんがりと焼き色がついて、脂肪が出てきたら、
 豚バラ肉をひっくり返して、全面をしっかりと焼く。

脂は油と溶け合う性質があるため、
このように、たっぷりの油で豚バラ肉を焼くと、
豚肉の表面に脂が浮き出てくる
んですね。

この浮き出て来た豚肉の脂は、フライパンの油と結びつき、
外へ出ていくので、豚バラ肉の脂肪分を大幅にカットすることができます。

そして、このように脂肪が抜け、脂肪分が少なくなると、
脂身がとろとろのゼラチン質になって、
とろ~りと柔らかい豚の角煮に
仕上がります。

3のように、脂肪の厚い部分から焼いていくと、
効率的に脂を抜くことができます。

また、豚肉の全面をしっかりと焼くことで、肉の旨みを閉じ込め、
煮崩れも防ぐ
ことができます。

5. 豚バラ肉の全面をしっかりと焼いたら、豚バラ肉から出た脂を、
 ペーパータオルで拭き取る。

6. 深めの鍋に、豚バラ肉とネギの青い部分とスライスした生姜を入れ、
 たっぷりと水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、下茹でをする。

ネギと生姜を入れることで、豚バラ肉の臭みを取り除くことができます。

また、最低でも1時間は、下茹でをしてください。

時間に余裕があれば、水を足しながら、3~4時間くらい下茹ですると、
さらに脂肪が抜けて、脂身がとろとろのゼラチン質になります。

しっかりと下茹でをすることで、箸で簡単に切れるくらい柔らかい
とろ~りとした豚の角煮に
仕上がります。

7. 豚バラ肉の下茹でができたら、粗熱を取って、余分な脂分を
 流水で丁寧に洗い流す。

豚バラ肉は、下茹でして柔らかく崩れやすくなっているので、
優しく丁寧に洗い流します。

また、流水で洗い流すのが面倒な場合は、ペーパータオルで
拭き取ってもOKです。

ここで、余分な脂をしっかりと取り除いておくことで、
ヘルシーでトロトロの豚の角煮に
仕上がります。

8. 鍋に、豚バラ肉、だし汁、酒、みりん、砂糖、しょうゆを入れて、
 ヘタと種を取り除いた赤唐辛子を加えて加熱し、沸騰したら、
 弱火にして、落し蓋をして煮込む。

9. 30分くらい弱火で煮込んだら、煮汁の味を見て、
 自分の好みの味に調節する。

調味料の分量は、あくまでも目安なので、
ここで、自分の好みの味に調節することで、
失敗することなく美味しい豚の角煮に仕上がります。

10. もう少し煮込んだら、ゆで卵を加える。

ゆで卵は、あらかじめ半熟卵を作り、殻をむいておいたものを加えます。

11. ときどき煮汁を豚肉や卵にかけながら煮込み、
 全体に照りが出てきたら、簡単で美味しい豚の角煮の出来上がり!

8~11の段階まで、だいたい合計1時間くらい弱火でコトコト煮込みます。

12. 粗熱を取って、冷蔵庫に入れて一晩寝かせる。

11の段階で、食べてしまっても構いませんが、
ここはぐっと我慢して、冷蔵庫で一晩寝かせて、
次の日に、再加熱すると、豚の角煮にさらに味がしみ込んで、
最高の美味しさに
なります♪

また、ゆで卵に火を通しすぎると、卵が半熟でなくなってしまうので、
「絶対に半熟の煮卵が食べたい!」という場合には、
10の段階でゆで卵を入れないで、12の段階でゆで卵を入れて、
ときどき、卵をひっくり返しながら、一晩冷蔵庫で寝かせると、
きれいな半熟の煮卵になりますよ♪

冷蔵庫に入れておくと、豚肉の脂肪が固まりますが、
それを取り除いてから温めると、さらにヘルシーな
豚の角煮になりますね。

まとめ

豚の角煮を、圧力鍋なしで、簡単にトロトロで美味しい
絶品プロの味にするコツは、

・豚バラ肉を、たっぷりの油で焼く。
・ネギと生姜で肉の臭みを取り除く。
・豚バラ肉をしっかりと下茹でして、余分な脂を取り除く。
・できれば、冷蔵庫で一晩寝かせる。

ということなんですね。

これらのポイントをしっかりと押さえれば、
家庭でも簡単にとろ~りと柔らかい豚の角煮が作れちゃうんです♪

ぜひご家庭で試してみてくださいね^^

スポンサードリンク

コメントを残す