インフルエンザは風邪薬で治るの?その効果・副作用とは?

インフルエンザが流行する時期になって、高熱などの症状が出たときは、
なるべく早く病院で診察してもらった方がよいのですが、

例えば、週末で病院が休みのため診察を受けることができないという場合に、

「風邪薬を飲んで安静にしていれば、治るかな・・・」

と思うこともあるのではないでしょうか。

そこで、今回は、

 インフルエンザに風邪薬は効果があるのか
 インフルエンザのときに風邪薬を飲む場合の注意点とは

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




インフルエンザに風邪薬は効果があるの?それとも効かない?

インフルエンザのときに風邪薬を飲むと治るのかな?
と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言ってしまうと、風邪薬を飲んでも
インフルエンザを完治させることはできませんが、

インフルエンザの症状を緩和させる効果はあります。

例えば、40度の高熱で意識が朦朧としてとてもつらいときや、
関節痛がひどくて横になっても眠ることができないというときに、
市販の風邪薬を飲むことで、それらの症状を和らげることはできます。

ですから、このような場合に、風邪薬を飲むことは効果があります。

また、インフルエンザに罹ったときに、病院で処方される
「タミフル」(抗インフルエンザウイルス薬)は、
症状が出てから48時間以内に投与しないと、その効果はありません。

このタミフルは、インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きがあるので、
ウイルスが増殖している期間に投与することが重要で、
すでにウイルスが増殖してしまった後に投与しても
あまり意味がないということなんですね。

ですから、インフルエンザを発症していたのに、
それに気がつかないまま数日が経ってしまってから病院に行っても、
このタミフルの有効な期間は過ぎてしまっているので、
タミフルは処方されずに、風邪薬を処方されることがあります。

このように、インフルエンザのときに風邪薬を飲むことで、
インフルエンザの症状を和らげることはできますが、

免疫力の低い子供や高齢者、また持病のある方は、
インフルエンザのときに風邪薬を飲んで、
自然に治すことはやめた方がよい
でしょう。

と言うのは、急性脳症や肺炎を発症するなど、
重篤な合併症を起こす可能性があるからです。

ですから、子供や高齢者、持病のある方は、
インフルエンザになったかなという疑いがある場合には、
早めに病院で診察を受けることをおすすめします。

インフルエンザのときに風邪薬を飲む場合の注意点とは?

インフルエンザのときに風邪薬を飲む場合に、
注意すべきことが2つあります。

1.熱が上がりきる前に、解熱剤を含む風邪薬を飲まない。

インフルエンザに罹ったときに高熱が出る理由は、
低温で繁殖しやすいインフルエンザウイルスを撃退するために、
体が体温を上げて免疫力を高めているからなんですね。

ですから、熱が上がりきる前に、解熱剤で熱を下げてしまうと、
かえってウイルスの増殖を抑えることができなくなってしまい、
インフルエンザが治りにくくなってしまいます。

2.抗生物質はインフルエンザには効かない。

抗生物質は、細菌を減少させるもので、
インフルエンザウイルスの減少には効果がないんですね。

ただ、インフルエンザに罹って、免疫力が低くなっていると、
気管支炎や肺炎などを引き起こす細菌にも感染しやすくなることから、

病院では、細菌が原因となる合併症を防ぐために、
抗生物質が処方されることがあります。

まとめ

このように、インフルエンザになったときに風邪薬を飲むと、
その症状を和らげる効果はありますが、

風邪薬に、直接インフルエンザウイルスを
死滅させる効果があるわけではないので、

「インフルエンザかな・・・」と思ったときに風邪薬を飲むのは、
どうしても病院に行くことができないという場合のみで、

そうでない場合には、なるべく早く病院で診察を受けた方がよいでしょう。

また、子供や高齢者、持病のある方も、
急性脳症や肺炎を発症する可能性があるので、

自己判断で風邪薬を服用するのではなく、
なるべく早く病院で診察を受けるようにした方がよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す