インフルエンザと風邪の症状の違いとは?その見分け方は?

インフルエンザが流行する時期になり、熱が出て、咳や鼻水が出たりすると、

「これって、ただの風邪なのか、それとも、インフルエンザなのか・・・」

と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

ただの風邪だと思って油断していたら、実はインフルエンザに罹っていて、
早く病院に行かなかったために、重症化して肺炎になってしまった・・・

なんてことにならないように、インフルエンザと風邪の症状の違いを
しっかりと知っておくことは大切なことですね。

そこで、今回は、

 インフルエンザと風邪の違いとは?
 インフルエンザと風邪の見分け方とは?

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




インフルエンザと風邪の違いとは?

インフルエンザは、普通の風邪と異なり、突然38度以上の高熱が出て、
それと併せて、悪寒、頭痛、筋肉痛や関節痛、全身の倦怠感などの
全身症状が現れて、急激に症状が悪化するのがその特徴です。

これに対して、風邪の場合は、咳や鼻水、くしゃみなどの症状が
ゆっくりと現れ始めて、熱も37度~38度程度の微熱であることが多く、
インフルエンザと異なり、関節痛などの全身症状が出ないのが特徴です。

インフルエンザの症状とは?

インフルエンザの症状は、インフルエンザウイルスに感染してから、
1~3日間の潜伏期間が経過した後、インフルエンザを発症し、

突然38度以上の高熱が出て、悪寒、頭痛、筋肉痛や関節痛、
全身の倦怠感、食欲不振などの全身症状が強く現れます。

そして、その後、やや遅れて、のどの痛みや咳、鼻水などの
呼吸器の症状や、吐き気や腹痛など消化器の症状が現れてきます。

たいていの場合は、10日前後で症状が落ち着いて、回復しますが、

高齢者や乳幼児の場合には、インフルエンザが重症化し、
肺炎や脳炎などの合併症を起こすこともあります。

風邪の症状とは?

風邪の症状は、のどの痛みや咳、鼻水、くしゃみなどの症状があり、
熱も37度~38度程度の微熱で、関節痛などの全身症状はあまり見られません。

重症化することもあまりなく、1週間程度で回復します。

インフルエンザと風邪の見分け方とは?

インフルエンザと風邪の見分け方としては、
その初期症状に注意してみるとよいです。

風邪の場合は、のどの痛みや咳、鼻水、くしゃみなどの症状が
徐々に現れ始め、熱も突然高熱が出るのではなく、徐々に上がっていき、
38度程度がその上限になることが多いです。

これに対して、インフルエンザの場合は、
徐々に熱が上がっていくのではなく、突然38度以上の高熱になります。

そして、初期症状の段階では、風邪のように、
のどの痛みや咳、鼻水などの呼吸器の症状はまだ現れず、

悪寒、頭痛、筋肉痛や関節痛、全身の倦怠感など、
全身の症状が強く現れます。

そして、二次症状として、やや遅れて、
のどの痛みや咳、鼻水などの呼吸器の症状や、
吐き気や腹痛などの消化器の症状が現れてきます。

ですから、インフルエンザか風邪かを見分けるポイントとしては、

初期症状として、

 突然38度以上の高熱が出たか
 筋肉痛や関節痛、全身の倦怠感などの全身の症状が出ているか

という点に注意してみるとよいでしょう。

もし、初期症状として、このような症状がある場合には、
早めに病院で診察してもらった方がよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す