インフルエンザの時お風呂はいつから入れるの?熱が下がったらOK?

インフルエンザに罹ったときに、何日もお風呂に入れないと、
体が汗でベトベトして気持ち悪いですよね。

なるべく早くお風呂に入って、さっぱりとしたいと
思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、熱が下がらないと、お風呂に入ったらいけないのかな
と悩んでいる方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、

 インフルエンザのときはお風呂に入ってはいけないの?
 インフルエンザで熱が下がったらお風呂に入ってもいい?
 インフルエンザのときにお風呂に入る場合に気をつけるべきことは?

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




インフルエンザのときはお風呂に入ってはいけないの?

「インフルエンザのときはお風呂に入ってはいけない」
と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも実は、インフルエンザに罹っているときに、
お風呂に入っていはいけないという医学的な根拠はないんです。

ですから、インフルエンザに罹っている場合でも、
本人がつらくなければ、お風呂に入っても大丈夫なんです。

ただ、この「本人がつらくなければ」という点が重要なポイントなんですね。

と言うのは、健康な状態のときに、お風呂に入ると、
心身ともにリラックスできて、疲れがとれて気持ち良く感じますが、

実は、このお風呂に入るという行為は、
ものすごく体力を消耗する
行為なんです。

お風呂に入り、体を温め、汗をたくさんかくことは、
運動をして汗をかいたのと同じような状態になっているんですね。

ですから、インフルエンザに罹って体力を消耗しているときに、
お風呂に入るということは、ものすごく体力のいることになるので、

体力を消耗していて、本人がつらいときは、
お風呂に入らない方がよいということになるんですね。

インフルエンザで熱が下がったらお風呂に入ってもいい?

このように考えると、インフルエンザで高熱を出しているときは、
ものすごく体力を消耗しているので、お風呂に入らない方がよい
ということになりますね。

では、熱が下がったら、お風呂に入っても大丈夫でしょうか。

この点、それほど高熱ではなく、37度前後の微熱に下がってきたら、
ある程度体力も回復してきているでしょうから、
お風呂に入って体を温めると、免疫力のアップにもなります。

ただ、熱が下がっても、体がだるいような状態のときには、
お風呂に入るのはやめて、もう少し体力が回復してから入るようにしましょう。

インフルエンザのときにお風呂に入る場合に気をつけるべきことは?

ただ、この場合でも、以下のようなことに気をつけて入浴しましょう。

1.長湯をしないで、汗を流す程度にする。

長い時間お風呂に入ると、それだけ体力を消耗するので、
長湯をしないで、体を洗って汗を流す程度にしておいた方がよいでしょう。

2.湯冷めしないように気をつける。

せっかくお風呂に入って体を温めても、湯冷めしてしまうと、
症状が悪化してしまうことがあります。

ですから、お風呂から出たら、すぐに体を拭いて髪の毛を乾かし、
体を冷やさないように温かくして、ゆっくり休むようにしましょう。

まとめ

このように、インフルエンザに罹っているときでも、
お風呂に入ってはいけないということはないのですが、

通常、高熱が出ているときはものすごく体力を消耗しているので、

37度前後の微熱になって、体力が回復してきてから
お風呂に入るようにした方がよいということなんですね。

そして、その場合でも、

1.長湯をしないで、汗を流す程度にする。
2.湯冷めしないように気をつける。

ということを気をつけてお風呂に入るようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す