子供のインフルエンザ 外出はいつからOK? 解熱したら大丈夫?

子供がインフルエンザに罹った場合に、外出はいつからしてもいいのか
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

子供のインフルエンザの場合、熱が下がると元気になることも多いですから、
解熱したら、外出してもいいのかなと思っている方もいるかもしれませんね。

熱が下がってもまだ、保育園や幼稚園を休ませてください
と言われているけれど、ちょっとした散歩や外で遊ばせることもダメなのかな、
と悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで、今回は、

 子供のインフルエンザ 熱が下がったら外出してもいいの?
 子供のインフルエンザ 外出禁止期間は何日間?
 子供のインフルエンザ 外出可能時期はいつから?

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




子供のインフルエンザ 熱が下がったら外出してもいいの?

子供がインフルエンザに罹った場合、
熱が下がるとみるみるうちに元気になりますよね。

元気になって、家の中で動き回りますから、解熱したら、
外出しても大丈夫かなと思ってしまう方も多いかもしれません。

でも実は、熱が下がっていても、身体の中には、
まだインフルエンザウイルスが残っているので、

本人がとても元気そうにしていても、
周りの人にうつしてしまう可能性があるんです。

また、熱が下がって元気そうにしていても、
体内にはまだインフルエンザウイルスが残っているので、
体力が完全に回復したとはいえない状態です。

ですから、解熱したからといって、すぐに外出させるのではなく、
あと5日間くらいは、家でゆっくり休ませた方がよいでしょう。

子供のインフルエンザ 外出禁止期間は何日間?

それでは、子供がインフルエンザに罹った場合、
外出禁止期間は何日間なのでしょうか。

ここで、子供のインフルエンザの場合には、
学校保健安全法において、出席停止期間が、

発症した後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで
(ただし保育所や幼稚園に通う用事は『解熱した後3日を経過するまで』

と定められています。

ですから、基本的には、この期間、外出禁止になると考えてよいでしょう。

子供のインフルエンザ 外出可能時期はいつから?

ただ、子供の場合、熱が下がると元気になって、
家の中でおとなしくしていられないという場合もありますよね。

そんな場合に、ちょっと散歩をさせたり、
家の近所でちょっと遊ばせることもダメなのかな、
と思っている方もいるかもしれません。

インフルエンザウイルスの体外への排出量は、
熱が高い最初の1~2日間が最も多く、感染力も高く、

解熱すると、排出されるウイルス量は減少しますが、
全くゼロになるというわけではありません。

ですから、熱が下がった場合でも、
周りの人にうつしてしまう可能性があるんですね。

でも、熱が下がって元気いっぱいの子供を、
家の中に閉じ込めておくのも、ちょっと可哀相かな~
と思ってしまいますよね。

そこで、インフルエンザウイルスの排出はゼロになっていませんが、
解熱後2日経過し、元気なようであれば、

人混みなど周りの人にうつしてしまう可能性がある場所を避け、
ちょっとした散歩をさせたり、自宅周辺で遊ばせてもよいでしょう。

とは言え、まだ、インフルエンザが完全に治ったわけではないので、
身体に疲れが残らないように、短時間で帰宅するように心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す