花粉症の鼻水の特徴とは 風邪との違いは?色や粘り気やサラサラ度?

花粉症の鼻水は本当につらいですよね。

でも、花粉症の時期に悩まされる鼻水が、すべて花粉症が原因とは限らないんですね。

てっきり花粉症が原因の鼻水だと思い、花粉症の薬を服用してみても、
実は、原因が花粉症ではなく、風邪だったという場合には、
いくら薬を服用しても、つらい鼻水は治らないですよね。

ですから、花粉症の時期の鼻水が、花粉症が原因となるものなのか、
風邪が原因となるものなのか、あるいは、他に原因があるのか、
ということを見極める必要があるんです。

そこで、今回は、花粉症の鼻水の特徴がどのようなものであるのか、

 花粉症の鼻水 風邪との違いは何?色や粘り気やサラサラ度は?

ということについてまとめてみました。

スポンサードリンク




花粉症の鼻水 風邪との違いは何?色や粘り気やサラサラ度は?

花粉症による鼻水と、風邪による鼻水、これらの違いについて
意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは、花粉症の鼻水と風邪の鼻水の違いについて、
簡単にまとめてみました。

花粉症の鼻水の特徴とは?

基本的に、鼻水が出る原因というのは、外部から異物(例えば、花粉など)が
入り込むのを防いだり、その異物を排出するために、鼻水が出るというわけなんです。

そして、花粉症による鼻水の場合の特徴としては、

 花粉などを体外に排出するために、無色透明で粘り気のない
  サラサラの鼻水
が大量に出る。

 朝と夜に、鼻水や鼻づまりの症状が出やすい。

というものがあります。

花粉症による鼻水の場合は、水のようなサラサラの鼻水が大量に流れ出て、
鼻をかんでもかんでも、次から次へと鼻水が流れ出てくるという状態が続くので、
とてもつらいわけなんですね。

とくに、症状がひどい場合には、顔を上げているだけで、鼻水がタラタラと
流れ落ちてくるので、本当に困ってしまうことになるんですよね。

風邪の鼻水の特徴とは?

これに対して、風邪による鼻水の特徴は、風邪のひき始めは、
花粉症による鼻水と同じように、無色透明でサラサラな鼻水なのですが、

風邪の症状が進むにつれて、粘り気のある黄色い鼻水になっていき、
さらに、風邪の症状が悪化した場合には、黄緑色の鼻水になります。

このように、風邪の場合に、黄色い鼻水が出るのは、
風邪のウイルスを撃退するために戦った白血球とそのウイルスの残骸が膿となり、
鼻水と混じり合って、黄色い鼻水となって排出されるからなんですね。

このように、粘り気のある黄色い鼻水が出るのは、
風邪によるものである場合が多いのですが、
そうでない場合もあるので注意が必要です。

例えば、副鼻腔炎、一般的には蓄膿症と呼ばれる病気である場合にも、
粘り気のある黄色い鼻水が出ることがあるので、

いつまでたっても、この粘り気のある黄色い鼻水が治まらない場合には、
一度病院で診察を受けてみた方がよいでしょう。

まとめ

このように、花粉症の鼻水と風邪の鼻水の違いを簡単にまとめると、

 花粉症の鼻水:無色透明で粘り気のないサラサラの鼻水
 風邪の鼻水 :粘り気のある黄色い鼻水

というふうになっています。

ただし、粘り気のある黄色い鼻水の場合でも、風邪が原因となっているのではなく、
副鼻腔炎(蓄膿症)が原因となっていることもあるので、

なかなか鼻水の症状が治まらない場合には、
一度病院で診察を受けてみた方がよいかもしれません。

 関連記事
花粉症の鼻水を止める市販薬 おすすめの3つの薬!眠くならないのは?

スポンサードリンク

コメントを残す