花粉症の鼻水を止める市販薬 おすすめの3つの薬!眠くならないのは?

花粉症の鼻水や鼻づまりは、とても辛いですよね。

鼻づまりがひどいと、頭がぼ~っとしてしまい、思考力や集中力が低下して、
仕事や日常生活にも影響を及ぼしてしまいますね。

この花粉症の鼻水や鼻づまりを治すために、
ドラッグストアなどで市販薬を購入しようと思っても、

花粉症の薬がたくさんありすぎて、どれが効くのかわからない・・・
と悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、花粉症の鼻水や鼻づまりに効く市販薬を
選ぶにはどうしたらよいのか、ということで、

 花粉症の鼻水や鼻づまりに効く市販薬 眠くならない薬はコレ!
 花粉症の鼻水や鼻づまりに効く点鼻薬は?

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




花粉症の鼻水や鼻づまりに効く市販薬 眠くならない薬はコレ!

花粉症の鼻水や鼻づまりを治したいけれど、仕事中や車の運転中など、
薬を服用した後に眠くなってしまっては困るという方も多いのではないでしょうか。

そこで、まず、副作用として、眠くならない花粉症の市販薬を紹介しますね。

花粉症の鼻水や鼻づまりに効く市販薬 1. アレグラFX

アレグラFXは、フェキソフェナジン塩酸塩を配合した市販薬です。

・花粉症によるくしゃみや鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状を改善
・医療用・市販薬問わず、最も眠気が起きにくい
・1日2回朝夕服用

などという特徴があります。

アレグラFXは、眠くなるという副作用が最も少ないと言われていますが、
その分、効果もあまり強くないという特徴があります。

ですから、花粉症の鼻水や鼻づまりを治す市販薬として、
まず始めに試してみて、あまり効果がないような場合には、
以下の「ストナリニZ」「コンタック鼻炎Z」「アレジオン20」などを
試してみるようにするとよいですね。

花粉症の鼻水や鼻づまりに効く市販薬 2. ストナリニZ・コンタック鼻炎Z

ストナリニZやコンタック鼻炎Zは、セチリジン塩酸塩を配合した市販薬で、
処方薬名は、「ジルテック錠」となります。

・即効性が高く、薬の強度も高い
・ただし、第二世代抗ヒスタミン薬の中では、眠気の副作用も強め
・1日1回就寝前に服用

などという特徴があります。

アレグラFXと異なり、1日1回の服用となるので、飲みやすいですね。

このストナリニZやコンタック鼻炎Zは、
アレグラFXやアレジオン20よりも効果が高いと言われていますが、

その分、眠くなりやすいという副作用があります。

車の運転をする方は、気をつける必要がありますね。

花粉症の鼻水や鼻づまりに効く市販薬 3. アレジオン20

2015年12月に、医療用と同量の配合のアレジオン20が発売されました。

エピナスチン塩酸塩を配合した市販薬になります。

・即効性が高い
・薬の強度は中程度
・眠くなりにくい
・1日1回就寝前に服用

などという特徴があります。

アレジオン20の効果は、ストナリニZやコンタック鼻炎Zと
アレグラFXの中間くらいになります。

花粉症の鼻水や鼻づまりに効く点鼻薬は?

花粉症の鼻水や鼻づまり対策としては、まずは、花粉が飛散し始める頃から
内服薬を服用し始めて、花粉症の症状がひどくならないように予防することが
大切になりますが、

それでも、花粉症の鼻水や鼻づまりの症状がひどくなってしまった場合には、
点鼻薬(鼻水や鼻づまりを抑えるために鼻にスプレーをする薬)を
使用するようにするとよいです。

そこで、この点鼻薬としておすすめなのが、パブロン鼻炎アタックです。

このパブロン鼻炎アタックは、ステロイドの点鼻薬で、
医療用のステロイドと同じ成分・同じ量となっています。

ただし、市販のステロイドは、短期間の使用であれば問題ないのですが、
なかなか症状が改善しない場合には、一度病院で診察を受けた方がよいでしょう。

まとめ

花粉症の鼻水や鼻づまりを改善する方法として、

まずは、アレグラFXを服用してみて、鼻水や鼻づまりの症状がひどいようであれば、
パブロン鼻炎アタックを使用してみます。

それでも、症状が改善しない場合には、内服薬をストナリニZやコンタック鼻炎Zに
変えてみます。

それでもなお、症状が改善しない場合には、一度病院で診察を受けてみた方がよいでしょう。

 関連記事
花粉症の薬 市販薬で効くのはコレ!口コミで人気の3つの薬を紹介♪
花粉症の薬 市販薬の中で眠くならないのはアレグラとアレジオン?

スポンサードリンク

コメントを残す