花粉症の目のかゆみの5つの対策法 目薬?目の洗浄?メガネ?冷やす?

花粉症の目のかゆみは、本当に辛いですよね。

ものすごくかゆい場合などは、目玉を取り出して洗ってしまいたいくらいの
衝動に駆られてしまいますね。

でも、女性の場合は、お化粧をした後、目がかゆくなっても、
こすってしまうとメイクが落ちてしまうので、我慢せざるを得なくて、
大変辛い思いをすることになります。

そこで、今回は、そんな辛い花粉症の目のかゆみの対策法として、

 花粉症の目のかゆみの対策法 1. 目薬
 花粉症の目のかゆみの対策法 2. 目の洗浄
 花粉症の目のかゆみの対策法 3. メガネ
 花粉症の目のかゆみの対策法 4. 使い捨てコンタクトレンズ
 花粉症の目のかゆみの対策法 5. 冷やす

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




花粉症の目のかゆみの対策法 1. 目薬

まずは、花粉症の予防対策として、花粉が本格的に飛散し始める2週間くらい前から、
第2世代抗ヒスタミン剤などの花粉症の原因となるヒスタミンの生成を抑える成分が
配合されている目薬を使い始めます。

そして、実際に、花粉の飛散が増えてきて、目のかゆみがひどくなってきた場合には、
ステロイドが配合されている目薬を併用して、目のかゆみを抑えるようにして、

目のかゆみが治まってきたら、第2世代抗ヒスタミン剤が配合されている目薬のみを
使用するようにするとよいでしょう。

また、冷やした目薬を使用することで、目のかゆみを和らげることができます。

 関連記事
花粉症の薬 市販の目薬で目のかゆみに効くのはコレ!

花粉症の目のかゆみの対策法 2. 目の洗浄

花粉症で目がかゆくなるのは、目に花粉が付着することが原因なんですね。

ですから、花粉症の目のかゆみの対策法としては、
目に花粉が付着することを防止することが大切になります。

そこで、こまめに洗顔することが大変効果的になります。

花粉は、目に付着するだけではなく、顔の皮膚にも付着するので、
それらの花粉を洗い流すことで、目のかゆみを抑えることができます。

ただ、外出先では、こまめに洗顔することは難しいですし、
特に、女性の場合は、メイクをしていると洗顔をすることもできませんよね。

そんな場合には、防腐剤を使用していない人口涙液を使って、
目に付着した花粉をこまめに洗浄するとよいでしょう。

花粉症の目のかゆみの対策法 3. メガネ

花粉が目に付着することを防止するためには、メガネを装着することも効果的ですね。

普段、コンタクトレンズをしているという人も、
花粉症の症状がひどくなる時期だけでもメガネに替えてみたり、
伊達メガネやサングラスをすると、目のかゆみを緩和することができます。

特に、なるべく花粉が侵入しないように作られている
花粉症専用のメガネなどが効果的ですね。

また、花粉は髪の毛にも付着し、それが目に入ることもあるので、
外出の際には、帽子を被り、室内に入る前に、帽子や衣服に付いた
花粉を払い落とすようにするとよいでしょう。

花粉症の目のかゆみの対策法 4. 使い捨てコンタクトレンズ

コンタクトレンズに花粉が付着することも、目のかゆみの原因と1つとなります。

そして、花粉が一度コンタクトレンズに付着してしまうと、
洗浄液で洗っても、なかなか花粉を落とすことができません。

ですから、花粉症の症状がひどい時期には、1日で使い捨てるタイプの
コンタクトレンズを使用するようにすると、毎日清潔なコンタクトレンズを
装着することができます。

ただ、あまりにも目のかゆみがひどいときなどは、
コンタクトレンズの使用をやめて、メガネをかけるようにした方が
よいかもしれませんね。

花粉症の目のかゆみの対策法 4. 冷やす

花粉症の目のかゆみは、冷やすことでそのかゆみを緩和することができます。

花粉の付着していないきれいなタオルを氷水で冷やしておしぼりにして、
まぶたの上にのせて目を冷やすと、目のかゆみが和らぎます。

まとめ

以上のように、花粉症の目のかゆみの対策法としては、

 目薬
 目の洗浄
 メガネ
 使い捨てコンタクトレンズ
 冷やす

という5つの方法があります。

これらの方法を上手に使い分けて、花粉症の目のかゆみを和らげてみましょう。

ただ、あまりにも症状がひどい場合には、
一度病院で診察を受けてみるとよいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す