青色申告 領収書なしの場合の経費の処理方法 交通費や香典は?

青色申告をする場合に、領収書のない経費の処理方法はどうすればよいのか・・・
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

例えば、

・電車やバスなどの公共機関を利用したときに、その交通費を経費とするには
 どうすればよいのか・・・

・取引先の関係者の冠婚葬祭費を経費とするにはどうすればよいのか・・・

・うっかり領収書をもらい忘れてしまった場合に、それを経費とするには
 どうすればよいのか・・・

などについて悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで、今回は、青色申告をする場合に、

 領収書がない経費の処理方法 交通費など
 領収書の出ない経費の処理方法 香典やご祝儀など
 領収書を紛失した場合の経費の処理方法

などについて、どうすればよいのか、簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク




青色申告 領収書がない経費の処理方法 交通費や香典やご祝儀は?

青色申告をする際に、経費として認めてもらうためには、
原則として、領収書が必要となりますよね。

では、そもそも領収書が出ないものは、経費として認められないのでしょうか。

実は、そんなことはないんですよね。

領収書がない場合でも、仕事に必要な費用であると認められれば、
必要経費として認められます。

では、領収書がない場合に経費として認めてもらうためには、
どのようにすればよいのでしょうか。

領収書がない場合の経費の処理方法について、見ていきましょう。

青色申告 領収書がない経費の処理方法 交通費など

まず、領収書がない経費として、代表的なものに、
電車やバスなどの公共機関を利用した場合の交通費がありますね。

この点については、

「え~、でも、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)にチャージしたときに、
 その領収書をもらえばいいんじゃないの?」

と思っている方もいるかもしれません。

でも、実は、原則として、このSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)への
チャージ分をそのまま丸ごと交通費とすることはできない
んですね。

というのは、このSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)へのチャージは、
「将来発生するであろう交通費に対する補填(ほてん)」という性質を持ち、
仕事のためにかかった交通費を証明するものではありません。

ですから、仕事で電車やバスに乗った場合に、交通費として認めてもらうためには、
日付や乗車区間、金額、訪問先など、仕事で交通費を使ったことの明細を
記録しておく
必要があります。

この交通費は、営業などの外回りをした場合だけではなく、
仕事に必要なものを買いに出かけた場合や、
取引先の関係者を接待した場合のタクシー代なども含まれるので、
こまめにメモを取っておくとよいですね。

これらの交通費の明細は、1か月分をまとめて、エクセルなどで記録しておくと
便利
でよいですね。

タクシー代の場合には、必ず領収書をもらうようにして、
1ヵ月分の交通費の明細を印刷したものに、領収書を貼り付けておくとよいでしょう。

青色申告 領収書の出ない経費の処理方法 香典やご祝儀など

領収書の出ない経費として、代表的なものに、
取引先の関係者の冠婚葬祭に使った費用(ご祝儀、香典)などがありますね。

冠婚葬祭費は、接待交際費とすることができますが、
領収書の出ない経費なので、出金伝票に、日付や支払先、金額、内容などを
記載して、領収書の代わりとします。

招待状やお礼状がある場合には、それらも一緒に保管しておくとよいですね。

青色申告 領収書を紛失した場合の経費の処理方法

領収書を紛失してしまった場合にも、領収書がないから経費にできないと
諦めないで、出金伝票に、日付や支払先、金額、内容などを記載して、
領収書の代わりとしましょう。

また、領収書ではないけれど、支払先と金額、その内容などを
証明できる書類などがあれば、それも一緒に保管しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す