確定申告医療費控除 交通費の書き方記入例 領収書なしの場合を図解

確定申告の医療費控除には、通院のための交通費も含まれますよね。

そこで、この通院のための交通費をどのように明細書に記入すればよいのか
と思っている方もいるかもしれませんね。

そして、通院のために公共の交通機関を利用した場合には、
その領収書をもらうことができないので、どのように申告すればよいのか、
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、

 医療費控除をする場合の領収書の出ない交通費の書き方記入例
 医療費控除の対象となる交通費の明細書への書き方記入例

などについて、簡単図解入りでわかりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク




医療費控除の交通費の書き方記入例 領収書なしの場合を画像付き解説

確定申告で医療費控除を受けるためには、医療費の領収書を
確定申告書に添付するか、あるいは、確定申告書を提出するときに
提示しなければなりませんよね。

そこで、領収書の出ない公共の交通機関(電車、バスなど)を
利用した場合の交通費はどのように申告すればよいのか
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

でも、ご安心ください。

領収書の出ない公共の交通機関(電車、バスなど)を利用した場合の交通費も、
次のような方法で申告すれば医療費控除を受けることができます。

医療費控除をする場合の領収書の出ない交通費の書き方記入例

領収書の出ない公共の交通機関(電車、バスなど)を利用した場合には、
別途内訳を作成します。

例えば、エクセルなどを利用して、病院までの交通費と通院履歴などを
照合できるように、下記の図のように整理しておきます。

交通費内訳

エクセルなどを使い慣れていない方は、手書きのものでも構いません。

大事なことは、通院履歴と交通費とが対応していることが分かるように
内訳を作成する
ことです。

このようにして、交通費を集計した金額を、医療を受けた人や病院ごとに
医療費の明細書に転記すればOKです。

医療費控除の対象となる交通費の明細書への書き方記入例 図解

それでは、上記のようにして、内訳を作成した交通費は、
医療費の明細書にどのように記入すればよいのでしょうか?

この点については、まず、医療を受けた人ごとに、治療を受けた病院別に
領収書をひとまとめにしてホチキスなどで留めておいて、小計を出します。

下記の図の例によると、山田一郎さん(本人)の○○病院での小計は
94,800円になります。

そして、その病院への通院のためにかかった交通費として、
「同上にかかる通院費」ということで、その下段に別枠で記入しておく
と、
通院履歴と交通費の照合がしやすく便利です。

下記の図の例によると、山田一郎さん(本人)が○○病院へ通院するために
かかった交通費が5,680円だということが分かりますね。

明細書交通費

以下、このように、生計を一にする配偶者や親族の交通費なども記入していきます。

そして、医療費控除の申告をする際に、「医療費の領収を証する書類」として、
病院の領収書などと一緒に、先ほど作成した交通費の内訳も、
申告書類に添付すればOK
です。

医療費控除の対象となる交通費 スイカやパスモの場合は?

なお、公共の交通機関を利用する際に、スイカやパスモにチャージしたときの
領収書を、医療費控除の申告の際の添付書類とすることはできないのか、
と疑問に思う方も多いかもしれませんね。

でも、このスイカやパスモへのチャージは、「将来発生するであろう交通費に
対する補填(ほてん)」という性質を持ち、通院にかかった交通費を
証明するものではありません。

また、交通費以外にも、電子マネーとして使えるという点も問題になります。

ですから、スイカやパスモの領収書を添付書類として利用するのではなく、
上記のように、通院履歴と病院までの交通費を照合できるような内訳を
自分で作成した方がよい
でしょう。

まとめ

以上が、確定申告の医療費控除の交通費の書き方記入例ということになります。

エクセルなどを使い慣れていなくても、通院履歴と交通費の照合ができるように、
手書きの内訳を作成すればよいので、難しいことはありませんよね。

病院への通院費というのも、結構バカにならないものなので、
小まめに集計して、医療費控除の申告をするようにした方がよいでしょう。

 関連記事
確定申告医療費控除の対象家族 夫婦共働きも含まれるの?
確定申告医療費控除の対象になるもの 交通費や予防接種や薬代は?
確定申告医療費控除の明細書の書き方 記入例を簡単図解入りで解説♪

スポンサードリンク

コメントを残す