セスキ炭酸ソーダでキッチン台所のお掃除 シンクと排水溝もピカピカ♪

キッチン・台所のシンクや排水溝のお掃除って、意外と大変ですよね。

でも、セスキ炭酸ソーダを使えば、そんな面倒なキッチン・台所の
シンクや排水溝のお掃除も簡単にできちゃうんですよ。

そこで、今回は、

 セスキ炭酸ソーダでシンクを掃除する方法
 セスキ炭酸ソーダで排水溝を掃除する方法

などをまとめてみました。

 関連記事
セスキ炭酸ソーダで換気扇を掃除する方法 スプレーの作り方は?
セスキ炭酸ソーダと重曹でガスコンロと魚焼きグリルを掃除する方法

スポンサードリンク




セスキ炭酸ソーダでシンクを掃除する方法

シンクの汚れは、生ゴミや油などが付着した酸性の汚れが主なものなので、
アルカリ性洗剤でで掃除し、仕上げに酸性の洗剤で抗菌するというのが
基本的な掃除の仕方になります。

セスキ炭酸ソーダスプレーとクエン酸スプレーの作り方

そこで、まず、セスキ炭酸ソーダスプレーとクエン酸スプレーを用意します。

★セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方

水500ccに対して、小さじ1程度のセスキ炭酸ソーダを混ぜ、
スプレーボトルに入れて、よく振って混ぜ合わせます。

★クエン酸スプレーの作り方

水200ccに対して、小さじ2程度のクエン酸を混ぜ、
スプレーボトルに入れて、よく振って混ぜ合わせます。

セスキ炭酸ソーダとクエン酸でシンクを掃除する方法

それでは、シンクの掃除の仕方を見ていきましょう。

1. シンクのヌルヌルした汚れに、セスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーを
 シュッシュッと吹きかけて、数分間そのまま放置する。

2. その後、スポンジやウエス(ぼろ布)でこすり洗いをする。

セスキ炭酸ソーダは、シンクのぬめりを落とすだけでなく、
酸性の汚れの嫌な臭いを中和して、消臭する効果もあるので、

セスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーで掃除をすると、
生ゴミの嫌な臭いも取り除いてくれます。

3. 最後に、クエン酸スプレーをシュッシュッと吹きかけて、
 水拭きして仕上げをする。

※クエン酸には揮発性がないので、クエン酸スプレーとして使う場合には、
 白い粉が残らないように、最後は水拭きで仕上げをしましょう。

また、汚れが目立つ場合には、スポンジに重曹をつけて、こすり洗いをします。

重曹には研磨作用があるので、クレンザーの代わりとして
使うことができて便利ですね。

重曹は、クレンザーよりも粒子が細かく傷もつきにくいのですが、
やはり、こすりすぎると傷がつく場合もあるのでご注意ください。

セスキ炭酸ソーダで排水溝を掃除する方法

普段の排水溝の汚れの場合には、セスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーを
シュッシュッと吹きかけて、数分間放置した後、スポンジでこすり洗いをすれば
きれいにピカピカになります。

でも、小まめに排水溝の掃除をしていなかった場合には、
油分と食器用洗剤のアルカリ成分が反応して、ネトネトした汚れが、
排水溝に付着していることがあります。

そんな時には、クエン酸の酸性の性質を利用して、ネトネト汚れを中和させると、
このネトネトした汚れをきれいに落とすことができます。

1. 鍋に、50℃くらいのお湯を2リットルを沸かして、
 カップ1/2くらいのクエン酸を溶かす。

2. このお湯を、排水溝に一気に流して、ネトネトした汚れを落とす。

3. 最後に、排水管の中に酸が残らないように、水を流して仕上げをする。

スポンサードリンク

コメントを残す