セスキ炭酸ソーダと重曹でガスコンロと魚焼きグリルを掃除する方法

キッチン・台所の掃除で、ガスコンロや魚焼きグリルの掃除って
意外と面倒くさいんですよね。

油汚れや水あか、焦げつきなど、いろいろな汚れが混じり合って
こびりついた頑固な汚れをピッカピカに掃除するのは、結構な重労働ですね。

でも、そんな大変なガスコンロや魚焼きグリルの掃除も
セスキ炭酸ソーダや重曹を使えば、簡単にピカピカにすることができるんです。

そこで、今回は、

 セスキ炭酸ソーダと重曹を使ってガスコンロをピカピカに掃除する方法
 重曹を使って魚焼きグリルを簡単にピカピカに掃除する方法

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




セスキ炭酸ソーダと重曹でガスコンロをピカピカに掃除する方法

ガスコンロの周りは、油汚れや食べ物の汚れなどがこびりつき、
ネトネトした汚れは、水拭きだけではなかなかきれいに
汚れを落とすことができませんよね。

そこで、その頑固な油汚れをきれいに落とすのに
大活躍するのが、セスキ炭酸ソーダ水溶液のスプレーなんですね。

セスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーの作り方

 水:500cc
 セスキ炭酸ソーダ:小さじ1程度

これらをスプレーボトルに入れてよく混ぜ合わせます。

このセスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーは、
 だいたい2~3か月くらいで使い切るようにしましょう。

セスキ炭酸ソーダのアルカリ度は、過炭酸ナトリウムよりも低いですが、
 アルカリは肌のたんぱく質を溶かす性質を持つので、
 肌荒れ・手荒れをしやすい人は、ゴム手袋をして作業をした方がよいでしょう。

セスキ炭酸ソーダと重曹でガスコンロを掃除する方法

それでは、さっそくセスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーを使って、
ガスコンロの掃除をしてみましょう。

1. ガスコンロの汚れた部分に、セスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーを
 シュッシュッと吹きかけます。

2. その後、目立った汚れをぼろ布などで拭き取ります。

汚れがひどい場合には、セスキ炭酸ソーダ水溶液スプレーを
吹きかけた後、しばらく放置してから拭き取ったり、

セスキ炭酸ソーダ水溶液を染み込ませた薄い布をかぶせて
パックした後に、拭き取ると、きれいに汚れを落とせます。

3. 五徳や受け皿を取り外して、セスキ水を入れた容器に数時間
 浸け置きして、こびりついた頑固な油汚れを浮かび上がらせます。

4. 浮かび上がった油汚れを、ブラシなどでこすり落とします。

セスキ水に浸け置きしても落とすことができない黒い焦げつきは、
重曹の研磨作用を利用すると落としやすいですね。

少量の水で溶かした重曹ペーストを黒い焦げつき部分に塗りつけ、
たわしやスポンジなどでこすって磨くと、頑固な黒い焦げつきも
きれいに落とすことができます。

重曹で掃除する方法 魚焼きグリルも簡単にピカピカに♪

魚焼きグリルも、こまめに掃除をしていないと、
いざ大掃除!となると結構大変ですよね。

でも、そんな魚焼きグリルの油汚れも、重曹のアルカリの性質と
研磨作用を利用すれば、ピカピカになる
んです。

汚れがそれほどひどくない場合には、魚焼きグリルに
重曹スプレーをシュッシュッと吹きかけて、
たわしやスポンジなどで軽くこすって拭き取れば
きれいに汚れを落とすことができます。

そして、汚れがひどい場合には、少量の水で重曹を溶かした
重曹ペーストをたわしやスポンジなどにつけて、
魚焼きグリルをこすって磨き、拭き取れば、
きれいに汚れを落とすことができます。

このように重曹を使えば、魚焼きグリルもピカピカになりますが、

魚を焼く前に、あらかじめグリルの受け皿に
重曹を敷きつめておく
と(水を入れてもOK)、
その後の掃除が楽になります。

敷きつめておいた重曹が焼いた魚の油を吸収し、
グリルを使った後は、この重曹に水を加えて、
網や受け皿をこすり洗いすると、重曹がクレンザーの
役割を果たしてくれるというわけなんですね。

まとめ

このように、セスキ炭酸ソーダや重曹を使えば、
ガスコンロや魚焼きグリルの掃除も簡単にできるんですね。

環境にもやさしいナチュラル洗剤なので、
安心して使えるところもよいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す