鏡餅の簡単な切り方 カチカチの固い鏡餅を柔らかくする方法とは?

お正月も過ぎて、1月11日になると、鏡開きで鏡餅を下げて、
お汁粉やお雑煮、かき餅(おかき)にして食べたいなぁ
と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、この鏡餅を包丁で切るのは縁起が悪い
と言われていることをご存知ですか?

また、カチカチになって固い鏡餅をなかなか割ることができず、
どうすれば簡単に割れるのか、と悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで、今回は、

 鏡餅を包丁を使わずに簡単に割る方法
 カチカチの固い鏡餅を簡単に柔らかくする方法

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




鏡餅の簡単な割り方 鏡餅を包丁で切るのは縁起が悪い!?

1月11日の鏡開きになり、「さて、鏡餅を切ろう」と思って、
鏡餅を包丁で切ってしまっているという方もいるかもしれませんね。

でも、実は、鏡餅を包丁で切るのは縁起が悪いと言われているんです。

と言うのは、鏡餅は、もともと、年神様が宿る依り代と考えられていて、
1月11日の鏡開きに、鏡餅を開くことで、年神様をお送りし、
お正月に一区切りつけるものとされていました。

そして、このお正月に一区切りつけるということは、
その年の仕事始めという意味合いもあり、

武家社会において、この仕事始めの行事として
鏡開きをするようになったと言われています。

そして、武家社会においては、鏡餅を包丁などの刃物で切ることは、
切腹を連想させるものと考えられて、縁起が悪いので、
手や木槌で砕いて割るようになったわけなんです。

ちなみに、この「割る」という表現も、縁起が悪いので、
鏡餅を「割る」とは言わずに、末広がりを意味する「開く」
という表現を使うようになり、「鏡開き」と呼ばれるようになったんですね。

このように、鏡餅を包丁で切るのは縁起が悪いので、
包丁を使わずに、鏡餅を割らないといけないわけですが、

「我が家には、木槌なんてないし・・・
 どうやって、鏡餅を割ればいいのか?」

と悩んでしまう方もいるかもしれません。

そこで、ここでは、基本的な鏡餅の割り方を紹介しますね。

鏡餅を包丁を使わずに簡単に割る方法

1. 鏡開きで下げた鏡餅を風通しのよい涼しい場所で乾燥させる。

2. 鏡餅が乾燥してくると、段々とヒビが入ってくるので、
 割れる部分から少しずつ手で割ってバラバラにしていく。

こうして徐々に手で割っていくと、木槌を使わなくても、
鏡餅が割れるようになります。

木槌や金槌が家にある場合には、乾燥させた鏡餅を
木槌や金槌で叩けば、簡単に割ることができます。

カチカチの固い鏡餅を柔らかくする方法 レンジを使えば簡単?

ただ、「鏡餅を完全に乾燥させるまで待てない!」
という場合もありますよね。

そんなときは、以下のような方法で、固い鏡餅を柔らかくして、
鏡餅を手で千切ればよいですね^^

固い鏡餅を簡単に柔らかくする方法

1. 鏡餅を半日くらい水に浸けておく。

この水に浸けておく時間は、鏡餅の大きさによります。

2. 耐熱容器に鏡餅を入れてラップをして、
 電子レンジで加熱して、八分どおり柔らかくする。

このとき、鏡餅の固さや大きさによって加熱時間が異なるので、
とりあえず適当に時間設定をして、電子レンジの中の様子を
見ながら、加熱していきます。

電子レンジで加熱していると、お餅が膨らんでくる様子が
外から見えるので、お餅から目を離さずに観察していて、
ちょっと膨らんできたら、停止ボタンを押して、
お餅を取り出してみて、その固さを見てみます。

まだ固いようだったら、また10秒くらい加熱してみます。

これを繰り返して、お餅が八分どおり柔らかくなって、
手で千切れるくらいの固さになったらOKです。

3. お餅を水で冷まして、適度な大きさに、手で千切る。

大きな鏡餅は、このようにしても、まだ中が固いことがあります。

そんなときは、中の固い部分を、さらに一晩水に浸けておき、
また、同じように電子レンジでチンしてみてください。

このようにすれば、固い鏡餅でも簡単に柔らかくなり、
手で千切れるようになりますね♪

 関連記事
鏡餅おかきのレシピ 揚げ餅あられが電子レンジで簡単にできる?!
鏡餅のカビの取り方 電子レンジを使えば超簡単♪

スポンサードリンク

コメントを残す