群発頭痛の痛み方や治療法や予防法とは?ワソランが効くの?

目の奥をえぐられるような激しい群発頭痛に悩まされている方も
多いのではないでしょうか。

この群発頭痛は、1,000人に1人の割合で発症すると言われているのですが、
その患者数が少ないために、群発頭痛であると正しく診断されるまでに
かなりの年月を要する場合もあり、自分でも群発頭痛である
と認識していない方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、

 群発頭痛の痛み方や症状
 群発頭痛の治療法
 群発頭痛の予防法

などについてまとめてみました。

そして、「もしかしたら、自分の頭痛も群発頭痛かも・・・」と思われたら、
一刻も早く頭痛外来で診察を受けることをおすすめします。

スポンサードリンク




群発頭痛の痛み方や症状とは?

群発頭痛は、20代~40代の男性に多くみられる頭痛で、
脳腫瘍や脳出血などの病気が原因とならない一次頭痛の中でも
もっとも激しい痛みを生ずるものと言われています。

群発頭痛の痛み方は、目の奥をえぐるような激しい痛みが、
1日のうちのほぼ決まった時間、とくに深夜1時~3時頃に起こり、
その症状が、1~2か月の期間、ほぼ毎日のように起こります。

その痛み方としては、主に、

・目の奥がえぐられるような激しい痛み
・痛みが激しすぎて、じっとしていられず動き回る
・あまりの痛みに、頭を殴ったり壁にぶつけたりする

などというものがあります。

そして、このような頭痛が起こる期間を「群発期」と呼びますが、
この群発期が、年に1~2回ほどあり、それ以外の期間は、
頭痛が起こらないという特徴があります。

群発頭痛を発症する原因とは?

群発頭痛の痛みは、目の奥の太い血管が拡張して炎症を起こし、
痛みを引き起こすと言われています。

そして、その血管の周りにある交感神経や副交感神経が刺激されるため、

・涙が出る
・目が充血する
・瞳孔が小さくなる
・目が細くなる
・鼻水が出る

などの症状を伴うことがあります。

群発頭痛の治療法とは?

群発頭痛は、突発的に起こり、その痛みも激しいため、薬を投与されてから
効果が出るまでに時間のかかる鎮痛剤は処方されないことが多いです。

この群発頭痛の治療法としては、主に、純酸素吸入法や薬物療法があります。

群発頭痛の治療法 1. 純酸素吸入法

純酸素吸入法とは、医療用の酸素ボンベから純度100%の酸素を
マスクを通して吸入する治療法です。

痛みが出たらなるべく早く酸素を吸入することが重要で、
だいたい5分くらいの吸入で、群発頭痛の痛みが和らぐと言われています。

この医療用の酸素ボンベとマスクは、病院でレンタルすることができます。

群発頭痛の治療法 2. 薬物療法

群発頭痛の治療薬としては、まず第一にベラパミル(商品名:ワソラン)を
処方されます。

ただ、群発頭痛は、突然起こり、その痛みも激しいため、
内服薬では効果が出るまでに時間がかかりすぎるため、
発作時に、自分でスマトリプタンを皮下注射する治療法が
効果的であるとされています。

群発頭痛の予防法とは?

群発頭痛は、痛みを発症する時間がだいたい決まっているため、
睡眠前に薬を飲んで痛みを予防するという方法があります。

血管の拡張を抑えるエルゴタミン製剤が有効であると言われています。

また、群発期にお酒を飲むと、ほぼ100%、激しい痛みを
引き起こすことになるため、この期間は飲酒を控えるようにしましょう。

そして、タバコも群発頭痛を引き起こす誘因になると言われているので、
禁煙を心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す