ローストチキンの作り方 フライパンで簡単本格プロの味♪

クリスマスディナーには、ぜひ家庭で手作りのローストチキンを
作りたいなぁと思っている方も多いのではないでしょうか。

とは言っても、自分で作るのは難しいそうだから無理かも・・・
と悩んでいる方もいるかもしませんね。

それに、オーブンを使えないから、
家庭でローストチキンを作れないなぁ・・・
と思っている方もいるかもしれません。

でも、実は、オーブンがなくても、フライパン一つで
簡単に美味しいローストチキンを作ることができるんですよ♪

そこで、今回は、このローストチキンをフライパン一つで簡単に、
しかも本格的なプロの味にしちゃうコツを紹介しますね^^

スポンサードリンク




ローストチキンの作り方 骨付きもも肉で簡単に美味しく作れる♪

ローストチキンを作るには、オーブンがなければできない
と思っている方も多いかもしれませんが、

実は、オーブンがなくても、フライパンがあれば、
簡単に美味しいローストチキンを作ることができるんですよね^^

今回は、骨付きもも肉を使った
絶品♪ローストチキンの作り方を紹介しますね。

ローストチキンを骨付きもも肉で作る材料(4人分)

・鶏もも肉(骨付き):4本(1本300gくらい)
・塩:1本につき、小さじ2/5くらい
・しょうゆ:大さじ4
・はちみつ:大さじ4
・酒:大さじ4
・にんにくのすりおろし:1片
・オリーブオイル:適量

ここで、もし骨付きもも肉がなければ、
骨付きでない鶏もも肉でも大丈夫ですよ。

ローストチキンの作り方 フライパンで簡単に作れるレシピ♪

1. 鶏もも肉の骨に沿って、キッチンばさみで切り込みを入れて、
 皮目に数か所フォークを指して、穴をあけておく。

こうすることで、鶏もも肉に火が通りやすくなりますし、
食べるときにも、食べやすくなります。

2. 鶏もも肉に塩をしっかりと揉み込み、常温で2時間くらい置いておく。

ここで、鶏もも肉にきちんと塩を揉み込むことが、
美味しいローストチキンを作るコツ
になります。

面倒でも、ここでしっかりと塩を揉み込んでおくと、
鶏肉が引き締まって、歯ごたえがあり、旨みのある
ローストチキンに仕上がります。

3. フライパンを熱し、オリーブオイルを適量加えて、
 鶏もも肉の皮目を下にして入れて、蓋をして、
 中火で10分くらい、じっくりと焼く。

4. そして、鶏もも肉をひっくり返して、蓋をして、反対側も
 中火で10分くらい、じっくりと焼いて、しっかりと
 中まで火が通ったら、一度、お皿に取っておく。

火加減はあまり強くせずに、少し弱めかなというくらいで、
ゆっくりじっくりと表面に焦げ目がつくくらいまで焼いてください。

しっかりと中まで火が通ったかどうか確かめるために、
一番火の通りにくい真ん中の部分に竹串を刺してみて、
透明の肉汁が出てきたらOKです。

5. フライパンの油が大さじ1程度になるくらいに調節する。
(鶏肉から出た油が多ければ捨てて、少なければオリーブオイルを足す。)

6. 弱火にして、にんにくのすりおろしを加えて、
 よい色加減になったら、酒・はちみつ・しょうゆを加える。

7. そこへ、お皿に取り出しておいた鶏もも肉を加えて、
 時々ひっくり返し両面に味を染み込ませながら、じっくりと煮詰める。

ここで、火が強すぎると、焦げてしまうので注意してください。
 
8. 煮汁が減って、鶏もも肉に自然に絡まる程度になったら、
 美味しいローストチキンの出来上がり!

まとめ

いかがでしたか?

こうすれば、フライパン一つで簡単に美味しいローストチキンを
作ることができますよね。

そして、美味しいローストチキンを作るコツは、
鶏肉にしっかりと塩を揉み込むことなんですね。

こうすることで、鶏肉が引き締まって、十分に旨みが引き出される
というわけなんですね~

これで、ご家庭でもクリスマスディナーやおもてなし料理として、
簡単に美味しいローストチキンを作ることができますよね♪

ぜひご家庭で試してみてくださいね^^

スポンサードリンク

コメントを残す