花粉症の薬 市販薬アレグラFXの効果や副作用は?

花粉症による鼻みず、鼻づまり、くしゃみがつらいくて、
市販薬を購入しようと思っている方も多いのではないでしょうか。

そして、花粉症の市販薬の中でも、よく売れていると評判で、
口コミなどの評価も高いアレグラFXを使ってみようかなと思っているけど、
その効果・効き目や、副作用などはどうなのかな・・・

と気になっている方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、

 花粉症の薬 アレグラFXの効果や副作用とは?

ということについてまとめてみました。

スポンサードリンク




花粉症の薬 アレグラFXの効果や副作用とは?

アレグラFX(久光製薬)は、アレルギー性疾患治療剤
フェキソフェナジン塩酸塩」配合のアレルギー専用鼻炎薬です。

この「フェキソフェナジン塩酸塩」は、医療用医薬品として
病院で処方されていたのですが、2012年に市販薬として
使われるようになりました。

アレグラFXの効果や効き目は?

アレグラFXは、鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどの症状を鎮めるだけでなく、
その症状の悪化も防ぐため、しっかりとした効き目が期待できる
という特徴があります。

第1世代抗ヒスタミン薬は、既に発生してしまった花粉症の症状を抑える
という作用を持つことが特徴となっているですが、

第2世代抗ヒスタミン薬であるアレグラFXは、

1. 既に発生してしまっている花粉症の症状を鎮める「抗ヒスタミン作用
2. 花粉症の症状を引き起こすヒスタミンなどの物質が
 体内に放出されることを抑える「抗アレルギー作用
3. 刺激された炎症細胞の影響により花粉症の症状が悪化することを抑える
 「抗炎症作用

の3つの抑制作用で、花粉症の症状を改善するという効果が期待できます。

アレグラFXの副作用は?

花粉症の薬の第1世代抗ヒスタミン薬には、

 眠くなる
 口が渇く

などの副作用があったのですが、

第2世代抗ヒスタミン薬になって、これらの副作用が改善されて、

アレグラFXは、

 眠くなりにくい
 集中力が低下しにくい
 口が渇きにくい

という特徴があります。

多くの花粉症の薬に含まれる抗ヒスタミン成分は、脳に入ると、
眠気を引き起こすことがあるのですが、

アレグラFXは、花粉症の症状をしっかりと抑えるのに、
脳に入りにく抗ヒスタミン薬となっているので、
眠くなりにくいという特徴があります。

また、抗ヒスタミン薬を服用すると、眠気だけではなく、
集中力も低下しやすいのですが、

アレグラFXは、脳に入りにくい抗ヒスタミン薬であるため、
集中力が低下しにくいという特徴があります。

そして、抗ヒスタミン薬を服用すると、唾液の分泌が少なくなり、
口が渇きやすくなるということがあるのですが、

第2世代抗ヒスタミン薬であるアレグラFXは、
唾液分泌への影響が少なくなっているため
口が渇きにくいという特徴があります。

アレグラFXが他の花粉症の市販薬と違う点は?

アレグラFXには、

 朝夕2回、食前・食後気にせず服用できる
 空腹時にも飲める

という特徴があります。

スポンサードリンク

コメントを残す