花粉症の薬 市販薬の中で眠くならないのはアレグラとアレジオン?

花粉症になって、鼻がむずむずしたり、くしゃみが出るとつらいですよね。

とくに、仕事中に、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの花粉症の症状に
悩まされているという方も多いと思います。

でも、仕事中だから、薬を飲んで眠くなってしまったら困る・・・

と思い、薬を飲むのを躊躇してしまったという経験がある方もいるでしょう。

そこで、今回は、つらい花粉症の症状を和らげるために服用する
市販薬の中で眠くならない花粉症の薬についてまとめてみました。

スポンサードリンク




花粉症の薬 眠気なしの市販薬でおすすめなのはこの2つ!

花粉症の薬は、その薬が開発された時期によって、
第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬に分類されます。

第一世代抗ヒスタミン薬は、眠気を催しやすいという副作用があったのですが、
第二世代抗ヒスタミン薬では、その副作用が改善されて、
眠気を催しにくくなってきています。

ですから、眠くなりにくい花粉症の市販薬を購入する場合には、
この第二世代抗ヒスタミン薬の中から選ぶとよいでしょう。

ここでは、その中でも、とくに眠くなりにくいと言われている
市販薬を2つ紹介しますね。

花粉症の薬で眠気の少ない市販薬 1. アレグラFX

アレグラFX(久光製薬)は、フェキソフェナジン塩酸塩配合の
アレルギー専用鼻炎薬です。

このアレグラFXの特徴として、

・鼻みず、鼻づまり、くしゃみにしっかり効く
・眠くなりにくい
・口が渇きにくい
・集中力が低下しにくい
・1日2回朝夕服用で、空腹時にも飲める

などが挙げられます。

医療用・市販薬問わず、最も眠気が起きにくいと言われていますね。

花粉症の薬を飲んで眠くなるのは、花粉症のアレルギー症状の原因となる
ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン成分が、脳に入り、
眠気を起こすからなのですが、

アレグラFXは、鼻には効いて、脳には入りにくい抗ヒスタミン薬なので、
アレルギー症状をきちんと抑えるのに、眠くなりにくいというわけなんです。

このように、眠くなりにくいという点が最大のポイントなのですが、
薬の強度という点では、若干弱めと言えます。

花粉症の薬で眠気の少ない市販薬 2. アレジオン10

アレジオン10(エスエス製薬)は、エピナスチン塩酸塩配合の
アレルギー専用鼻炎薬です。

アレジオン10の特徴としては、

・鼻みず、鼻づまり、くしゃみを改善する
・眠くなりにくい
・即効性が高い
・薬の強度は中程度
・1日1回就寝前に服用

アレジオン10は、アレグラFXと比較すると、眠気が起きやすいようですが、
薬の強度は中程度で、アレグラFXよりも強いと言われています。

まとめ

このように、花粉症の市販薬で眠くなりにくい薬として、

・アレグラFX
・アレジオン10

の2つが挙げられます。

ただ、その効果・副作用については、個人差や薬との相性などもあるので、
すべての人について、上記のような結果になるとは言えない場合もありますね。

ですから、眠くなりにくい花粉症の市販薬を購入したいと思った場合には、
まず、アレグラFXを試してみて、あまり効果がないようなら、
アレジオン10を試してみるとよいかもしれません。

また、これらの市販薬を飲んでも花粉症の症状が改善しない場合には、
一度、病院で診察を受けてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す