花粉症の薬 市販薬で効くのはコレ!口コミで人気の3つの薬を紹介♪

花粉症になって、目や鼻のかゆみやくしゃみなどがつらい・・・
でも、病院に行って薬を処方してもらう時間もないし、
できることなら市販の花粉症の薬で治したい
と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、実際にドラッグストアで花粉症対策の市販薬を購入しようとしたら、
種類がたくさんありすぎて、どれが効くのかわからない・・・
と、悩んでしまった方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は、花粉症に効くと口コミで人気の市販薬
3種類集めてみました。

スポンサードリンク




花粉症の薬 市販薬の中で口コミで人気の3つの薬とは?

そもそも、花粉症で鼻がむずむずしたり、くしゃみが出るのは、
花粉が体内に入ってくると、ヒスタミンという成分が
その花粉を体外に放出しようとするからなんですね。

そこで、これまでの多くの花粉症の薬は、このヒスタミンの生成を防ぐ
抗ヒスタミン剤の内服薬となっていました。

これらの花粉症の薬は、第一世代抗ヒスタミン薬と呼ばれていますが、
眠気が強く出るという副作用があったんですね。

そこで、この副作用を改善した第2世代抗ヒスタミン薬と
呼ばれるものが開発されました。

この第二世代抗ヒスタミン薬は、以前は病院でしか処方されなかったのですが、
安全性と効果が認められ、最近になって、OTC(Over The Counter)薬として、
市販されるようになりました。

ですから、花粉症に効く市販薬を選ぶ場合には、
この第二世代抗ヒスタミン薬から選ぶとよいですね。

それでは、この第二世代抗ヒスタミン薬の中で口コミで人気の
3つの市販薬について見ていきましょう。

花粉症に効く人気の市販薬 1. アレグラFX

アレグラFX(久光製薬)は、いま一番売れていると人気の
日本で初めてフェキソフェナジン塩酸塩を配合した市販薬です。

・花粉症によるくしゃみや鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状を改善
・医療用・市販薬問わず、最も眠気が起きにくい
・1日2回朝夕服用

このアレグラFXの人気のポイントは、最も眠くなりにくいという点ですね。

このように、眠くなるという副作用は最も少ないのですが、
その分、効果もあまり強くないところが特徴です。

ただ、軽度の花粉症の方の中には、このアレグラFXとの相性が良く、
よく効くということもあるようです。

ですから、初めて花粉症の市販薬を購入するという方は、
まずはこのアレグラFXを試してみて、あまり効果がないようなら、
もう少し薬の強度が高い「アレジオン10」「ストナリニZ」
という順番で試してみるとよいかもしれません。

花粉症に効く人気の市販薬 2. ストナリニZ

ストナリニZ(佐藤製薬)は、セチリジン塩酸塩を配合した市販薬です。
(※処方薬名は、ジルテック。)

・即効性が高く、薬の強度も高い
・ただし、第二世代抗ヒスタミン薬の中では、眠気の副作用も強め
・1日1回就寝前に服用

このストナリニZは、市販薬の中では、花粉症に対する効果は高いのですが、
その分、副作用として、眠気が起きやすいという特徴があります。

花粉症に効く人気の市販薬 3. アレジオン10

アレジオン10(エスエス製薬)は、エピナスチン塩酸塩を配合した市販薬です。

・即効性が高い
・薬の強度は中程度
・眠くなりにくい
・1日1回就寝前に服用

アレジオン10は、その効果・副作用については、
「アレグラFX」と「ストナリニZ」の中間ぐらいになります。

まとめ

以上、花粉症に効くと口コミで人気の市販薬を紹介してみましたが、

これらの薬の効き目は、個人差があり、その薬との相性もあるので、
ほかの人に効果があったからといって、
自分にも必ず効果があるとは言えない場合もありますね。

ですから、いくつかの市販薬を試してみて、
自分の花粉症の症状に合う薬を探してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す