インフルエンザを早く治す食事とは?免疫力を高める食べ物はコレ!

インフルエンザを早く治すために重要なことは、
安静にしてゆっくりと休むことと水分補給・栄養補給を
しっかりとするということですね。

インフルエンザで高熱が出ているときは、
あまり食欲もなく、食事をする気にもなれませんが、
そのような場合にはどうすればよいのでしょうか。

また、少し元気になってきて、食欲も出てきたときに、
どのようなものを食べると、早くインフルエンザを
治すことができるのでしょうか。

そこで、今回は、インフルエンザを早く治すための食事
免疫力を高める食べ物についてまとめてみました。

スポンサードリンク




インフルエンザを治すための食事とは?

インフルエンザに罹って高熱が出ているときには、
あまり食欲もなく、ご飯を食べる気にもなれないことが多いですよね。

そんなときには、無理をして食べようとしないで、
とにかく水分補給をすることを心がけてください。

スポーツドリンクやゼリー飲料、野菜ジュースや果物ジュースなど、
自分が飲みやすいと思えるものを飲んで、水分補給をしましょう。

ただ、ここでは、カフェイン入りの飲料はやめた方がよいです。

と言うのは、カフェインは、体内の水分を使って分解されるので、
せっかく飲んでも、体内の水分が失われてしまうからです。

その後、少し食べ物を口に入れることができるようになったら、
ヨーグルトなどが食べやすいのでおすすめです。

そして、もう少し食欲が出てきて、食事ができそうになってきたら、

 おかゆ
 雑炊
 うどん

など、消化のよいものを食べて、胃腸の状態を整えることが大切です。

それまで、具合が悪くてほとんど食べられない日が続いた場合に、
いきなり、消化の悪いものや脂っこいものを食べると、
弱っていた胃腸への負担が大きいので、

まずは、おかゆや雑炊、うどんなど消化のよい食事から始めましょう。

インフルエンザを早く治す食べ物 玉ねぎ

インフルエンザを早く治すために食べるとよいと言われているのが、
玉ねぎなんですね。

この玉ねぎに含まれている「硫化アリル」は、「アリシン」とも呼ばれていますが、
次のような効果・効能があるんです。

・疲労を回復させ、スタミナを増強させる。
・消化液の分泌を促進し、食欲を増進させる。
・血液の凝固や血栓を予防する。
・ビタミンB1の吸収と活性化を促進する。
・白血球やリンパ球の活動を効率化し、免疫力を高める。
・新陳代謝を活発にし、老廃物を排出し、脂肪を燃焼させる。
・コレステロールの増加を抑え、動脈硬化を予防する。

この硫化アリルは玉ねぎだけでなく、ニラやニンニクにも含まれています。

ですから、ニラと卵の雑炊にしてみたり、うどんに玉ねぎを入れてみるとよいですね。

ただ、この硫化アリルは、水に触れるとその成分が流れ出してしまい、
また、加熱するとその成分が失われてしまう性質があります。

ですから、調理をする場合には、

・水に浸ける時間をできるだけ短時間にする。
・加熱する場合には、薄切りにして、15分くらいそのままにしておく。
(※このようにすると、加熱しても成分が壊れにくくなります。)

などということに気をつけるとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す