インフルエンザを自力で治すことはできる?薬を飲まずに治せる?

インフルエンザが学校や会社などで流行ってきて、
自分もどうやらインフルエンザに罹ってしまったみたい・・・

というときに、どうしても病院に行くことができない場合や、
できることなら病院に行かないで自力で治したいと思った場合に、

インフルエンザを自力で治すことはできるのかな?

と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は、

 インフルエンザを自力で治すことは可能なのか?
 インフルエンザを薬を飲まずに治すためには何をすればいいの?

などについてまとめてみました。

スポンサードリンク




インフルエンザを自力で治すことは可能なのか?

結論から言ってしまうと、基本的に、健康な成人であれば、
インフルエンザを自力で治すことは可能です。

と言うのは、インフルエンザに罹ったときに、病院で診察を受けた場合に、
タミフルなどの「抗インフルエンザ薬」を処方されますが、

この抗インフルエンザ薬には、インフルエンザウイルスが
体内で増殖することを抑える効果はありますが、
インフルエンザウイルスを死滅させる効果はないんですね。

つまり、最終的にインフルエンザウイルスを倒すことができるかどうかは、
本人の免疫力次第ということになります。

そして、このタミフルなどの抗インフルエンザウイルス薬は、
インフルエンザの発症から48時間以内に投与しないと効果がないんです。

抗インフルエンザウイルス薬は、ウイルスの増殖を抑える働きを持つので、
ウイルスが増殖している期間に投与する必要があり、
すでにウイルスが増殖してしまった後に投与したとしても、
ほとんど効果がないというわけなんです。

そうだとすると、そのような場合には、結局のところ、
本人の免疫力で、インフルエンザを自然治癒させるということになります。

また、いろいろな研究結果をまとめた報告によると、
発症から、48時間以内にタミフルを投与した場合でも、
インフルエンザの症状がある期間を7日から6.3日に短縮する程度の
効果しかないということなんですね。

ということは、これらのことから分かるように、インフルエンザの場合に、
抗インフルエンザウイルス薬を投与しなかったとしても、
インフルエンザを自力で治すことは可能だということになりますね。

ただし、これはあくまでも健康な成人の場合についてであって、

・入院を必要とするような重症な人
・65歳以上の人、5歳未満、特に2歳未満の小児
・妊婦
・気管支喘息、糖尿病、慢性の心臓病など持病がある人、
 HIVなどによって免疫力が落ちている人

などの場合は、インフルエンザが重症化するおそれがあるので、
なるべく早く病院で診察を受けて、抗インフルエンザウイルス薬を
処方してもらった方がよいでしょう。

インフルエンザを薬を飲まずに治すためには何をすればいいの?

それでは、インフルエンザを薬を飲まずに治すためには
何をすればよいのでしょうか。

家庭で、自力でインフルエンザを治すためには、
以下のことに気をつけましょう。

1.安静にしてゆっくりと休むこと

インフルエンザに罹ると、ものすごく体力を消耗するので、
とにかくたっぷりと休養をとることが大切になります。

2.室内を加湿すること

インフルエンザウイルスは、湿度に弱いという性質があるので、
室内を加湿器などで加湿して、ウイルスの感染力を弱めることが大切です。

加湿器がない場合でも、濡れたタオルを干しておけば、
室内を加湿する効果があります。

3.しっかりと水分補給をすること

インフルエンザに罹ると高熱が出て、汗をかくので、
体内の水分が奪われてしまいます。

脱水症状にならないために、こまめに水分補給をすることが大切です。

スポーツドリンクやゼリー飲料などが飲みやすいでしょう。

4.消化の良いものを食べて栄養補給をすること

インフルエンザになると、食欲がなくなってしまうことが多いですが、

おかゆや雑炊、うどんなど、温かくて消化のよいものを食べて
栄養補給をして体力をつけることが大切です。

また、高熱が出てつらいという場合には、首の周囲や脇の下、
太ももの付け根など、太い動脈が通っている場所を、
冷えたタオルや保冷用パックなどで冷やすと、熱を下げやすいので、
試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す